無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
かんたんテクニカル分析の方法

FXの取引でどこで相場にエントリーして良いのかわからなかったり、利食いポイントを知りたいなど、売買に関する悩みはつきないと思います。その時に役立つのがチャートを用いたテクニカル分析方法です。テクニカル分析は、過去の値動きや時間などから、テクニカル指標を用いて、将来の価格や相場動向を分析・予測するもので、取引の戦略を練るのに大いに役立ちます。
【ローソク足の見方】

ローソク足は、描いた形状が「ローソク」に似ていることから「ローソク足」と名づけられました。
始値・高値・安値・終値の4つの価格(四本値)から成り、始値と終値で実体部分の柱が描かれます。
始値より終値が高い白いローソクを陽線と言い、青いローソクを陰線と言います。実態の上下に細い針金のような線が付いていますが、これを「ヒゲ」と言い、上ヒゲは高値、下ヒゲは安値を表しています。

慣れてしまえば絵を見るような感覚で接することができ、一目で価格の推移を読み取ることができるようになります。

【代表的で基本的なローソク足】
ポピュラーで代表的なローソク足を紹介します。これらの形状を大まかに覚えておくとトレンドが継続するのか、反転するのかを見極める判断材料になります。一番わかりやすく尚かつ注目すべきポイントはヒゲの長さです。ひげが全くないローソク足はトレンドの継続を表し、上下に極端に長いヒゲをつけたときはトレンドの終了を表すサインです。

特徴:
ヒゲのないローソク足。トレンドが継続するサインを表す。







特徴:
買い勢力が弱まり、高値圏では売りサインを表す。

特徴:
安値圏では、トレンド転換する可能性が高く、買い信号


特徴:
気迷いを表した形状。天井・底の相場で反転しやすい。

特徴:
前の足の実態に次の足がすっぽり被われた形。波乱の前兆



【ローソク足でトレンド転換を判断する】
トレンドが反転するサインを表すことが多い代表的なローソク足は「同時線・十字線」と呼ばれるものです。売りと買いが拮抗し、相場が迷っていることを表しています。下の図のように、それまで強いトレンドを保ってきたものの勢いが弱くなり、高値圏(天井)や安値圏(底)で同時線・十字線が出現したらトレンド転換のサインである可能性が高いです。

ローソク足で、相場の方向性を判断する場合は、一本の形状だけを見るのではなく、過去の価格推移や何本ものローソクの組み合わせたりしてトレンドの強弱や転換を読み取ります。

 

| やまちゃん | FXの取引手法 | comments(0) | trackbacks(0) |
かんたんテクニカル分析の方法

【移動平均線】
移動平均線
は、過去の一定期間の価格(為替の場合はNY市場の終値を使用)の平均値をグラフ化したものでチャート分析における一番基本的でわかりやすい指標かもしれません。湾曲した曲線がマーケットのトレンドを表します。


【移動平均線を効果的に利用する】
移動平均線は、相場の流れを捉えることはもちろんのこと、相場のサポートやレジスタンスになったり、ゴールデンクロスやデッドクロスを見極めることで売買サインを効率よく見つけることができます。まずは、基本的で代表的な売買シグナルを紹介します。



左図(1)は、ゴールデンクロスと言われます。短期移動平均線が上昇基調の長期移動平均線を下から上抜く形です。安値圏にあった相場が下げ止まった後に、この形が見ることができると上昇トレンドが形成される可能性が高いです。短期移動平均線の上昇角度が鋭いほど強い上昇トレンドを表します。



(2)は、長期移動平均線が短期移動平均線の支持線(サポートライン)としての役割を担う時です。短期移動平均線がに接近するものの下抜けせずにそのまま上放れた場合、それまでのトレンドが継続されることが多いです。マーケットがトレンドを形作っている過程にある時に移動平均線を注意深く観察すると、このようなシグナルを発見することができます。




左図(1)は、デッドクロスと言われるものです。短期移動平均線が上昇基調の長期移動平均線を上から下抜くことからそう呼ばれます。長く上昇トレンドが続いた後の高値圏でこの形ができると、反転し、下降トレンドに入る可能性が高いです。短期移動平均線の下落角度が急なほど強い下降トレンドを表します。


(2)は、長期移動平均線が短期移動平均線の抵抗線(レジスタンスライン)としての役割を果たします。長期移動平均線の下にある状態の短期移動平均線が上昇し、長期移動平均線に接近するものの上に突き抜けることができずに、再度反落した場合、それまでの下降トレンドが継続されることになりがちです。こうした少しの兆候を見逃さないことが、その後の上手な取引へとつながっていきます。


 
| やまちゃん | FXの取引手法 | comments(0) | trackbacks(0) |
かんたんテクニカル分析の方法
【一目均衡表】
一目均衡表は5つの線から成り、遅行線を除く4線はサポートライン、あるいはレジスタンスラインになります。為替レート(価格)がその線より下にあるときは抵抗線として、その線より上にあるときは支持線(サポートライン)として作用しますとする見方になります。一目均衡表を分析することによって一目で売買のポイントがわかりやすくなるのが特徴です。マーケットトレンドの先行きや方向性や転換点等、総合的な分析を目指しているチャートだと言えるでしょう。

 
(1) 基準線
基準線は、相場の方向性を示す線です。基準線が上向きのときは上昇トレンド、下向きのときは下降トレンドを表します。

(2) 転換線
転換線は基準線との関係を見て売買シグナルを見分けます。転換線が基準線の下にある状態から基準線を上抜ければ買いサイン。転換線が基準線の上にある状態から基準線を下抜ければ売りサインです。

(3) 先行スパン1先行スパン2の間の
先行スパン1と先行スパン2の間の部分を「雲」と呼ばれます。雲の厚みが抵抗帯の強さを現しており、ローソク足が雲の上にあるときは雲が支持帯となりサポートします。逆にチャートが雲の下にあるときは雲が上値抵抗帯となり、レジスタンスラインとしての役割を果たします。

また、上の図のオレンジ色で丸く囲った部分のように、雲の厚みが薄いところや雲がねじれて交差しているところは、相場の方向が転換しやすいポイントとなります。さらにその部分を基準線が下へ突き抜けているため、強めの下落転換サインとなっているのがわかると思います。

(4) 遅行スパン
遅行スパンとローソク足とを比較しながら、相場のトレンドを探るために使われる線です。遅行スパンがローソク足より上にある時は上昇トレンド、下にある時は下降トレンドとされます。また、遅行スパンがろうそく足より下にある状態からチャートを上に突き抜けていくポイントが買い転換で、ろうそく足より上にある状態からチャートを下に抜けていくポイントが売りの転換サインとなります。

(5) 一目均衡表のまとめ
【トレンドと転換サインを見分けるときの各線の位置関係】

  1. ローソク足が雲の上にある場合は強気相場
  2. ローソク足が雲の下にある場合は弱気相場
  3. 遅行スパンが実線の上にある場合は強気相場
  4. 遅行スパンが実線の下にある場合は弱気相場
  5. 転換線が基準線を上抜くと好転(上昇トレンド)
  6. 転換線が基準線を下抜くと逆転(下降トレンド)

特に、「1.」のローソク足が雲の上にある状態で、「3.」遅行スパンが実線を上抜き、さらに「5.」転換線が基準線を上抜いたときの3条件が揃ったときは「三役好転」と呼ばれ、きわめて強力な買いシグナルとして判断できるとされます。その反対の現象は「三役逆転」として強力な売りシグナルとなります。


| やまちゃん | FXの取引手法 | comments(0) | trackbacks(0) |