無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
かんたんテクニカル分析の方法

FXの取引でどこで相場にエントリーして良いのかわからなかったり、利食いポイントを知りたいなど、売買に関する悩みはつきないと思います。その時に役立つのがチャートを用いたテクニカル分析方法です。テクニカル分析は、過去の値動きや時間などから、テクニカル指標を用いて、将来の価格や相場動向を分析・予測するもので、取引の戦略を練るのに大いに役立ちます。
【ローソク足の見方】

ローソク足は、描いた形状が「ローソク」に似ていることから「ローソク足」と名づけられました。
始値・高値・安値・終値の4つの価格(四本値)から成り、始値と終値で実体部分の柱が描かれます。
始値より終値が高い白いローソクを陽線と言い、青いローソクを陰線と言います。実態の上下に細い針金のような線が付いていますが、これを「ヒゲ」と言い、上ヒゲは高値、下ヒゲは安値を表しています。

慣れてしまえば絵を見るような感覚で接することができ、一目で価格の推移を読み取ることができるようになります。

【代表的で基本的なローソク足】
ポピュラーで代表的なローソク足を紹介します。これらの形状を大まかに覚えておくとトレンドが継続するのか、反転するのかを見極める判断材料になります。一番わかりやすく尚かつ注目すべきポイントはヒゲの長さです。ひげが全くないローソク足はトレンドの継続を表し、上下に極端に長いヒゲをつけたときはトレンドの終了を表すサインです。

特徴:
ヒゲのないローソク足。トレンドが継続するサインを表す。







特徴:
買い勢力が弱まり、高値圏では売りサインを表す。

特徴:
安値圏では、トレンド転換する可能性が高く、買い信号


特徴:
気迷いを表した形状。天井・底の相場で反転しやすい。

特徴:
前の足の実態に次の足がすっぽり被われた形。波乱の前兆



【ローソク足でトレンド転換を判断する】
トレンドが反転するサインを表すことが多い代表的なローソク足は「同時線・十字線」と呼ばれるものです。売りと買いが拮抗し、相場が迷っていることを表しています。下の図のように、それまで強いトレンドを保ってきたものの勢いが弱くなり、高値圏(天井)や安値圏(底)で同時線・十字線が出現したらトレンド転換のサインである可能性が高いです。

ローソク足で、相場の方向性を判断する場合は、一本の形状だけを見るのではなく、過去の価格推移や何本ものローソクの組み合わせたりしてトレンドの強弱や転換を読み取ります。

 

| やまちゃん | FXの取引手法 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://jyouhou2009.jugem.jp/trackback/122